2020年度スローガン「かがり火を照らし 未来(あす)へと繋ぐ 次代の先駆者たれ」

会員専用ログイン
南長野青年会議所

2019.12.30

御   礼

 

公益社団法人南長野青年会議所

理事長 宮﨑 弘章

 

 2019年度理事長の職を預からせていただくにあたり「蒼い情熱を以って未来への橋を架けよう」とスローガンを掲げ、すべての「ひと」が夢を持って生活を営める未来の実現の為に一年間JC運動を展開することを宣言させていただきました。そして平行してJC運動を更に伝播させるために、会員数の増強にも力を入れて活動を推進させて頂きました。

 そのような中で、時代が令和へと変わり元年を迎えた今年、私たちの身の回りでも多くの変化や試練がありましたが、ここまで2019年度の活動が出来たのは改めて関係する諸団体、先輩諸兄をはじめとするすべての方々のお陰だと感じております、改めて感謝いたします。

 全体事業として展開した会員拡大事業では会員が改めてJCとは何かを考え、そしてこの南長野青年会議所を改めて見つめ直し全会員が一丸となって拡大活動に取り組む体制づくりから始めました。毎月2回行われた拡大会議、毎月行われた拡大懇親会と、本当に多くの時間を拡大活動に費やし、目標としていた人数には届きませんでしたが、近年では一番多くの同志を迎え入れることが出来ました。引き続き次年度へと流れを絶やさず引き継いでいきたいと思います。

 国際事業では、年度の初めから日韓関係が悪化していた中での西大邱青年会議所との交流事業でしたが改めて民間交流の大切さを感じると共に、より多くの方々に私たちの交流を知っていただくことが出来ました。訪日では公式レセプションの後、別会場で行われた二次会に卒業間もない先輩方もご挨拶に足を運ばれ西大邱メンバーも大変喜んでおられましたし、翌日の野沢温泉での会場にはみゆき野JCの同志とも親睦を深めて頂くことが出来ました。訪韓ではASPAC済州大会で合同ブースを出し、36年にも及ぶ私たちの交流の歴史を多くの方々に知って頂けました。これからもこの交流を通して世界との友情を紡いでいきたいと思います。

 青少年育成事業では、年々様変わりを見せているわんぱく相撲に今年は女子大会も増え、地区大会、全国大会、共にこれまで以上に多くの時間をわんぱく相撲へ傾けるようになりましたが、そんな中でも8月におこなわれたキャンプ事業ではこれまで以上に多くの参加者を迎えることが出来ました。

 社会開発事業では、台風19号により多くの被害が出てしまった中で、南長野フェスティバルの開催について本当に最後まで話し合いを続け、多くの方々からもご意見を頂く中で開催の決断をしました。近年薄れていた南長野の地をあたたかな光で照らし、近しい「ひと」と安らげる場を提供したい、その想いを改めて考え直すことが出来ました。

 

 2019年度、仮事務所からスタートした運動も先輩諸兄のご協力のお陰で新事務所へと落ち着くことが出来ました。2020年度も少ない会員数からのスタートとはなりますが青年らしく英知と勇気と情熱を以ってここからまた力強い一歩を踏み出し、新たな青年会議所運動を発信していきますので、これまで以上のご指導ご鞭撻を宜しくお願いいたします。

南長野JC事務局へのお問い合わせ

026-292-2310

お問い合わせ

JCI 公益社団法人南長野青年会議所

〒388-8007長野市篠ノ井布施高田895-1

TEL 026-292-2310 FAX 026-293-5709

mail:minaminaganojc@mtg.biglobe.ne.jp

Copyright© 公益社団法人南長野青年会議所 2020. All Rights Reserved.

ページTOPへ